アジア各国の婚活と結婚、カップル事情

25835017_m.jpg

似ているようで違う東アジア(日本、韓国、台湾、中国)の婚活やカップルの違いをまとめてみました。国ごとに少しずつ違いがありますね。

- 日本では、婚活イベントや婚活アプリなどのサービスが多様化しており、自分の好みや条件に合わせて出会いを探すことができます。直近のデータでは、若い方のマッチングアプリ離れが顕在化しています。結婚相談所への会員登録が増えています。婚活イベントに参加した経験のある人はまだ少数派で、恋愛や結婚に対する積極性は低い傾向があります。日本では、結婚式は一回で済ませるのが一般的で、結婚費用は平均で約300万円です。カップルは連絡やデートの頻度はそれほど高くなく、スキンシップやペアルックも控えめです。同性婚はまだ法的に認められていません。

- 韓国では、親や親戚、友人などの紹介による「相親」が一般的な婚活方法です。相親では、相手の学歴や職業、年収などの条件が重視されます。また、相手の家族や親戚との関係も重要な要素です。相親に失敗すると、周囲からのプレッシャーや批判を受けることもあるようです。韓国では、結婚式は30分程度と短く、カジュアルな感じです。結婚費用は平均で約100万円です。基本的に日本のような披露宴はなく、結婚式の後にビュッフェ吸対の食事が行われます。カップルは連絡やデートの頻度が高く、スキンシップやペアルックも積極的です。男性が女性のバッグを持ってあげたり、お付き合いの記念日が多いのもドラマなどでよく見ますよね。

25912279_m.jpg

- 台湾では、日本の文化に影響を受けており、婚活に対する姿勢も日本に似ています。婚活イベントや婚活アプリなどのサービスも利用されていますが、恋愛や結婚に対する焦りはあまり感じられません。台湾人は性格が明るく気さくでフレンドリーなので、自然な出会いを求める傾向があります。アジアで最初の同性婚が認められたのも台湾です。台湾では、もともと訂婚式(結納式)と結婚式がありましたが、最近は一回で済ませるのが多くなっているようです。結婚費用は平均で約70万円です。台湾の結婚式もカジュアルな感じです。カップルは連絡やデートの頻度は韓国よりも少なく、スキンシップやペアルックも控えめです。

- 中国では、婚活イベントや婚活アプリなどのサービスが盛んに利用されており、婚活に対する積極性が高いです。しかし、中国では男女の比率が不均衡であり、特に都市部では女性が男性よりも多く、競争が激しいです。そのため、婚活では相手の年収や財産、家族背景などの条件が重視されます。中国では、結婚式は日本や台湾と同じく一回で済ませるのが一般的で、結婚費用は平均で約200万円です。結婚式の際に花火や爆竹を鳴らす習慣もあるようです。また、街中で結婚したカップルが乗る派手な装飾を付けた車を見ることもあり、結婚したことを知ってもらうという意識が強い感じがします。カップルは連絡やデートの頻度は日本や台湾よりも高く、スキンシップやペアルックも好む傾向があります。

以上のように、日本、韓国、台湾、中国の婚活にはそれぞれ特徴があります。近年は、各国とも結婚の高齢化が進んでいます。日本の地方と同様、韓国、中国などでは、結婚に対しての親や周囲の方からのプレッシャーも大きいようです。

今回は、東アジアの各国のカップルや婚活、結婚事情を取り上げてみました。事情は違えど、結婚は人生の大きなイベントです。素敵なパートナーとの出会いが大切ですね。

egao結婚相談所では、無料相談時、プロフィール作成時、その後の懇談の際などに、カウンセラーがあなたの良さや弱いところを見て、親身に婚活をサポートします。
egao結婚相談所のカウンセラーは、接客のプロとして多くの方との接してきたキャリアを持っています。

さあ、あなたも無料相談から、婚活をスタートさせてみませんか。Line ID:1122.egaoを登録、気軽に予約できます。

egao結婚相談所の加盟する日本結婚相談所(IBJ)を知りたい方は、こちら→https://youtu.be/bDIiQ5LVImA