結婚するって、どういうこと?

cIMG_0049.JPG

婚活をされている方には、夢を持っていらっしゃる人も、渋々結婚する人もいらっしゃると思います。以前にも少しお話しましたが、結婚するってお互いの価値観を合わせること。では、結婚生活のいい部分、改善すべき部分ってどんなことがあるの?と思っていらっしゃる方に、PwCというコンサル会社が行ったアンケート結果をご紹介します。

結婚の良い点、良くない点
既婚者の方への結婚のよい点についてのイメージを尋ねた質問の結果を男女で比較すると、「家族や子どもを持てる」が最も多く(男性53.1%、女性65.6%)、次いで「好きな人と一緒にいられる」(男性45.4%、女性53.3%)、「人生の喜びや悲しみを分かち合える」(男性41.7%、女性51.8%)が多い点は男女共通しています。一方、男性と女性の差が大きな項目としては、「経済的な安定が得られる」(男性18.2%、女性34.2%)、「親や周囲の期待に応えられる」(男性13.9%、女性19.1%)、「親から独立できる」(男性13.9%、22.9%)などの項目で女性の回答が多くなっています。女性の方が現実的なのかもしれません。

また、結婚のよくない点についてのイメージを尋ねた結果では、「自分の自由になる時間が少なくなる」(男性44.4%、女性51.5%)、「行動が制限される」(男性42.9%、女性42.6%)、「自分の自由になるお金が少なくなる」(男性42.7%、女性42.4%)に対して男女いずれも4割以上が回答している点で共通しています。一方、女性において、「義父母や親せきなど人間関係が複雑になる」(男性26.1%、女性50.9%)、「仕事がしづらくなる/やめなければならない」(男性6.5%、女性18.7%)、「家事に縛られる」(18.4%、女性42.7%)、「育児・子育てに縛られる」(男性26.6%、女性36.9%)の回答の割合が比較的高くなっており、相手がいることで時間や行動、お金に関して制限がでることや、家族や家事、子育てといった点でまだまだ女性の負担が多いことがわかります。ただ、「家族や子どもを持てる」良さは良くない点のポイントと比べても高く、結婚する魅力は家族を作ることにあると言えるのではないでしょうか。

男女の意識の違いを認識して
kaji.png
女性に負担がかかっていると思われる標準的な家事分担について、最も従事している人を尋ねた回答の結果を男女別に見ると、回答者自身であると回答した割合は、女性の方が全体的に高くなってます。これは、理想的な家事や育児の分担に対する質問の回答、「どちらも同じくらい負担する」(男性53.8%、女性52.5%)とは大きく異なる結果。お互いの意識や価値観、役割に関しては、話をして役割分担を心がけることが必要と言えます。

結婚していない理由
cIMG_0304.JPG

さて、アンケートでは、結婚していない理由も聞いています。20代では、「まだ若い」が最も多く(32.2%)、「適当な相手に巡り合わない」(31.6%)もほぼ同程度の割合を占めていますが、30代になると、4割以上(42.5%)が「適当な相手に巡り合わない」と回答しており、「異性とうまく付き合えない」(30.5%)となっています。さらに、40代においては、「適当な相手に巡り合わない」(43.9%)や「自由な時間や気楽さを失いたくない」(31.4%)と多くが回答しています。日頃の職場と家庭の場だけでは、出会いが難しいことがわかります。


結婚相談所のカウンセラーのアドバイスによって、結婚してよかったと思えるお相手との出会いをしてみませんか?
egao結婚相談所のカウンセラーは、あなたの希望を聞き、一緒にそんなお相手を探します。
(データ出典:PwC 全国の15~49歳の男女 3116名 2020年4月10日~11日結婚観・家族観に関するアンケートより)


ロイヤルウェディング

イギリス王室 ヘンリー王子とメーガンさんの挙式、素敵でしたね。 ジパンシィのシンプルなドレスがとても気品にあふれていました。

お幸せそうな二人の姿にご自分の挙式のイメージを重ねてご覧になった方も多いのでは?

お二人の挙式は、異例づくめだったとの報道もなされています。
確かに、離婚歴や人種的な側面、国境、などいろいろな面で大変だったのでは、と想像してしまいます。

また、メーガンさんにとっても、何かと世間の目を集め、いろいろ制約の多い王室へ嫁ぐことを決めるのは大変だったのではと思います。

それでも、お二人はお互いお相手の価値観や性格を見て、結婚されたのだと思います。

これから、婚活をされる皆様も外見や家柄などだけでなく、お相手の性格や価値観を重視され、ご自分にとってのロイヤルな成婚をされていただきたいと思っています。
そのためのお手伝いをegao結婚相談所がサポートさせていただきます。

富山県の結婚事情

eb046aa5d62e4124bf8554fdfcfd321d_s.jpg

富山県の人口は、約105万人。
富山県内の結婚に関しての数字を見てみましょう。

2016年の富山県の婚姻件数は、4,486件(うち男女とも初婚は3,436件)

初婚の年齢は、年々晩婚化しています。
初婚の平均年齢は、男性が30.9歳、女性が29.2歳。
再婚率は、男性が35~39歳で4.67%、女性が30~34歳4.78%で最も高くなっています。(以上、人口動態調査2016より)

結婚についての意識を見てみましょう。
富山県在住の20~30代男女2000人への調査(富山県実施、有効回答数463名、平成29年11月~平成20年1月)によると、
「今すぐ結婚したい+2~3年以内に結婚したい」人が37.9%

・相手に求める条件は、
「性格」(男性79.2%、女性86.8%)、
「自分と共通の価値観」(男性44.7%、女性59.2%)、
次いで男性は「恋愛感情」(男性37.7%)、「容姿」(44.0%)となり、女性は「経済力」(54.3%)、「恋愛感情」(49.3%)となっています。

・結婚していない理由は、
「適当な相手に巡り合わない」が男女とも高く(男性41.7%、女性53.5%)、
次いで男性は「異性とうまく付き合えない」(28.2%)、
「結婚資金が足りない、家庭を持つ経済力がない」(26.2%)、「趣味や娯楽を楽しみたい」(25.2%)、
女性は「自由や気楽さを失いたくない」(21.8%)となっています。

・異性交際の不安では、
「自分は異性に対して魅力がないのではないかと思う」
「そもそも異性との出会いの場所がわからない」
「気になる異性がいても、どのように声をかけてよいかわからない」
「どうしたら親しい異性と恋人になれるのかわからない」
「恋愛交際の進め方がわからない」が男性の3割を超える悩み
です。
女性は、「自分は異性に対して魅力がないのではないかと思う」
「そもそも異性との出会いの場所がわからない」が3割を超える悩み
です。
男性が交際に対してよりナーバスになっている?!

富山県では、「とやまマリッジサポートセンター」という公的機関がイベントやお引き合わせを行っています。
ただ、プロフィール閲覧の不便さやスタッフの対応、サポートの内容などは、やはり民間の結婚相談所がしっかりしているようです。

私たちegao結婚相談所は、日本最大級の登録会員数を誇る日本結婚相談所連盟に加盟し、スマホやPCでのお相手探しや交際の不安についての相談も親身になって行います。
真剣に婚活をお考えの方は、お気軽に無料相談においでくださいね。